RSS | ATOM | SEARCH
新築建築記−銀行に現状説明−

本日10時より五日市アパートで融資を受けた銀行へ現状の事情説明。
嘘やごまかししても自分の首締めるだけですからね、そう、正直村出身「よねとも」です。(この時点で嘘とか言わないでw)


A4サイズの紙に、

・解体後フェンスを建てられた点、予期は出来ず全て解体後の話


・地主さんとは前向きに撤去して頂ける様話は進んでいる


・隣地は業者が抑えたが通行券主張してて地主さんとは不調に終わっている、現在時点ではまだ未定だが手付解約で売買をなくすかもしれない


・3F12戸建てで融資を受けたが建築基準法がありいいものが建てられないので2F10戸建てに切り替えて融資額を減らしたい、

もしくは融資額MAXとの差額差を現在進めている収益戸建て購入に割り当てたい


と説明書きしお渡ししました。


銀行よりの意見は、


・プラン変更等で最終的な融資額が変更になるのはよくある事。

・上にはフェンス云々の話はせず収益見直しで減額でプランを練り直ししたとする。

・【重要】収益戸建ては今回絡めない、別に見る。

アパートの融資はうちも厳しくなり五日市の件はギリギリセーフ位ですと。


融資について色々伺いましたがイケイケ姿勢だったのにだめになった理由はやはり金融庁からのお達しがあったせいですと言われました。

ただ、仮に業者の土地が2番手として出てきた場合、今回の件にぶら下げて融資出すことも検討するのでその時は持ってきて下さいとの事。

収益戸建てはリフォーム費用見積もりを出して再度持ってくる事になりました。


10戸に変更となりましたがフェンスの件も含めすべてが上手く廻るよう全力を尽くしたいと思います。


author:よねとも。, category:新築アパート, 18:02
comments(0), trackbacks(0)